がんの早期診断・治療ほか高齢者疾患を中心に地域に根づいたふれあいの医療を目指しています。

リハビリテーション部

リハビリテーション科紹介

当院リハビリテーション科は、主に脳出血、脳梗塞、頭部外傷、神経筋疾患、骨折などの疾患によって日常生活に支障がある方や、コミュニケーション や嚥下障害を伴った方に対して、理学療法士11名、作業療法士2名、言語聴覚士1名のリハビリテーションスタッフにより、失われた機能の回復や改善に努めるとともに残存している能力を充分に生かせるよう指導し、患者様・ご家族様が安心して在宅・社会復帰できるよう支援しています。
入院早期より、血圧、脈拍、疾患情報をもとに全身状態を把握し、医師・看護師・他職種等とチームアプローチ体制の中でリハビリテーションを実施し、廃用症候群を防ぎ、日常生活動作の獲得を目指しています。 急性期から回復期まで一貫したリハビリを行い、安心した療養環境の中で生活に必要な機能回復を専門のスタッフが支援しています。


理学療法紹介

理学療法は身体に障害のある方に対し、その基本的動作能力の回復を図るため起きる・座る・立つ・歩くなどの日常生活動作獲得に向けて身体機能回復や姿勢・動作訓練を実施しています。退院後の在宅生活に向けて、事前に在宅を訪問し住宅改修のアドバイスや福祉機器の紹介について指導を行い、安全な生活が送られるよう支援しています。

作業療法紹介

日常生活場面に焦点を当て、全身状態に合わせながら身体能力の向上、身の回りの動作の獲得をめざしています。具体的には日常生活活動と呼ばれる食事・排泄・更衣・整容・入浴などの動作を再び獲得できるように練習を行い、患者様・ご家族様に安全に楽に行える方法を指導しています。